夢に向かって走り出した私

私が会社に入社した時、100人以上の同期がいました。同じ部署にも数名の同期が配属されましたし、同期がいることが当たり前だと感じていました。しかし、10年の時を経て、気付いてみたら同期は半分も残っていなかったのです。みんな、転職や結婚、旦那さんの転勤に付いて行ったり、新しい事業を始めたりとそれぞれの道を歩んでいるのです。心から立派だと思います。でも、そうなると自分の将来のことが不安になります。ちゃんと考えている人が多いからこそ、段々不安になってきたのです。それまで、ほぼ何も考えずに、毎日仕事に行って同じことを繰り返していました。悩んだりする危機感さえもない自分が、おめでたい気がして、自己嫌悪に陥りました。だから、私も何かはじめたいと考えています。全く違う世界にはなりますが、昔からアットホームな感じの小料理屋のようなお店を持ちたいという夢がありました。その夢に向かって、頑張ってみようかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です