さくら色の指

悲しいけれど加齢で体の中でいろんな部分が色を失っていくのは本当のことですね。あら、分け目の辺りがすこしへこんでいるとか。でもそれをポジティブに考えて、今元気な自分のカラダを大事にしていきましょう。人に何か差し出すときに指の先が見えてしまいます。爪が白かったりすると少し恥ずかしい気がします。それでもちょっとした時間を指先のマッサージ等に充てるとずいぶん違ってきます。それぞれの指の付け根から指先に向けて血行をよくするためのマッサージをします。そうすると自然と爪にもいい影響があるんです。少し前までは爪の真ん中が白っぽくなっていたんですが、時間があるときにマッサージしているとさくら色が増えてきた気がします。本来女性は体の持久力や健康を保つチカラが男性より強いと思うのです。だから、こんな小さなケアでも大切です。特に、気をつけていれば十分ハリやいい感じが保てる部分はたくさんありますよね。ネイルとかで色をつけてしまうとわからなくなってしまいますが、さくら色の指、爪ってきれいだと思うのです。さくら色の指は一つの例だけれど、毎日素敵な自分を続けていきたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です