早く暖かくならないかな

そろそろ春も近づき、ずっと寒かった日々も終わりに近づいていきます。
今年の冬は本当に寒かったと思います。毎年思うのですが、今年の寒さは本当に厳しかったな、と思います。冬になると残念なのが、日が暮れるのが早いこと。
5時になって周囲が暗くなっていると、なんだか気分がどーんと落ち込んで寂しくなってしまいます。でも最近は5時になっても明るいままで、だんだんと日が伸びてきています。また、朝起きても少し明るくなってきているので、一日が長く感じられてとてもうれしいです。
これからどんどん日が伸びていくとなると、ほんとうにワクワクします。
あとは、もうちょっと暖かくなると嬉しいです。昼間はだいぶ暖かいと思える日も増えてきましたが、まだまだ朝の冷え込みが強いので朝と昼の格好の違いに迷ってしまいます。暖かい春の訪れと共に、新しい生活を楽しみたいです。
去年は花見が出来なかったから、今年はゆっくりと桜を見て過ごしたいです。

子供の予防接種

子供二人の予防接種に行ってきました。上の子は幼稚園児でもう何度も予防接種を受けているので、なれたもので全然泣きもせず困ることはありません。今日も楽勝だろう。と思っていたら、「幼稚園遅刻するの嫌だぁ!と朝からぐずぐず言っていました。いつも行く診療所は平日の午前中しか予防接種をしていないので、午前中に予約たのですが、まさかの上の子が幼稚園の遅刻を嫌がるとは・・・予想外でした。
朝からなだめるのが大変でした。まぁ、幼稚園が好きなのはいいことだ!と思うことにしておきました。下の子は初めての予防接種です。乳児なので怖いという感覚はまだないのですが、痛さに驚いて泣くだろうなぁと覚悟していきました。
まずは、上の子の予防接種を見守ります。ずんなり終わりました。「いい見本が見せられたね。」というと上の子はとてもうれしそうでした。さて、下の子はというと、予想通り注射に驚いておお泣きしていました。ですが、だっこするとあっというまに泣き止んであっさりと予防接種は終わりました。何事もなくてとても良かった!でも家に帰るとどっとつかれました。まだまだ受けなければならない注射はあります。先は長いですね。

旦那と初めてワインで晩酌

今日は旦那様と一緒にワインを嗜みました。家ではお酒絶対に飲まない人だから嬉しかったです。きっかけはスーパーでの会話。。私は旦那が夜勤でいない時にワインを飲んだりする時があるっていう会話をしたら「俺も飲んでみようかな」ってなったのです。お互いお酒は強くないからワイン?って騒いでました。ってか旦那にも言われて初めて気づいたんですけど…ワインってアルコール度数が高かったんですね。ほろ酔いとかでも酔っちゃう体質なんですけど、てっきりワインの度数は低いんだと思っていました。以外とお酒大丈夫なのかもしれません。

初めて一緒に飲んだワインはいつもより美味しかった気がします。チーズのおつまみで乾杯もしました!でも旦那にはやっぱりお口に合わなかったらしいです(笑)おつまみばっかりパクパク食べられちゃっいましたよ。でも付き合ってくれて嬉しかったよ!ありがとうね、旦那!

愛が大きいと、余裕なのかしら?

私の親友は、40代で独身です。何年もお付き合いしている方がいますが、その方は親友よりもかなり年上で、多分父親と間違われるような感じだと思います。何年も付き合っているし、ほぼ同棲をしているので、結婚すれば?と何回か言った事があるのですが、相手が乗り気ではないらしいのです。その理由は、自分と結婚しても、年齢的に子どもは作れないし、介護とかで苦労をかけたくない…とのことらしいです。結婚して子どもがいる私からしたら、結婚がゴールではないとも思いますが、何年も付き合っているならけじめをつければいいのに…と、苛立ちを覚えてしまいます。親友は、一緒にいられるだけで幸せって思うようにしている…と、よくそう話してくれます。親友がそれでいいなら私はなにも言えませんが、愛が大きいと気持ちに余裕があるのかな….。羨ましいような、切ないような複雑な気持ちになります。

さくら色の指

悲しいけれど加齢で体の中でいろんな部分が色を失っていくのは本当のことですね。あら、分け目の辺りがすこしへこんでいるとか。でもそれをポジティブに考えて、今元気な自分のカラダを大事にしていきましょう。人に何か差し出すときに指の先が見えてしまいます。爪が白かったりすると少し恥ずかしい気がします。それでもちょっとした時間を指先のマッサージ等に充てるとずいぶん違ってきます。それぞれの指の付け根から指先に向けて血行をよくするためのマッサージをします。そうすると自然と爪にもいい影響があるんです。少し前までは爪の真ん中が白っぽくなっていたんですが、時間があるときにマッサージしているとさくら色が増えてきた気がします。本来女性は体の持久力や健康を保つチカラが男性より強いと思うのです。だから、こんな小さなケアでも大切です。特に、気をつけていれば十分ハリやいい感じが保てる部分はたくさんありますよね。ネイルとかで色をつけてしまうとわからなくなってしまいますが、さくら色の指、爪ってきれいだと思うのです。さくら色の指は一つの例だけれど、毎日素敵な自分を続けていきたいですよね。

夢に向かって走り出した私

私が会社に入社した時、100人以上の同期がいました。同じ部署にも数名の同期が配属されましたし、同期がいることが当たり前だと感じていました。しかし、10年の時を経て、気付いてみたら同期は半分も残っていなかったのです。みんな、転職や結婚、旦那さんの転勤に付いて行ったり、新しい事業を始めたりとそれぞれの道を歩んでいるのです。心から立派だと思います。でも、そうなると自分の将来のことが不安になります。ちゃんと考えている人が多いからこそ、段々不安になってきたのです。それまで、ほぼ何も考えずに、毎日仕事に行って同じことを繰り返していました。悩んだりする危機感さえもない自分が、おめでたい気がして、自己嫌悪に陥りました。だから、私も何かはじめたいと考えています。全く違う世界にはなりますが、昔からアットホームな感じの小料理屋のようなお店を持ちたいという夢がありました。その夢に向かって、頑張ってみようかと思っています。

アラフォー女性が婚活する時のおすすめ

アラフォーになっても結婚をすることが出来なかった女性は、今後結婚することは出来ないのでしょうか。もちろん頑張って婚活をすれば、結婚をすることは出来るはずですので、あきらめずに行動するようにしていかなくてはなりません。今までは自然に任せて一切婚活をしていなかったという事なのであれば、これからは積極的に婚活をしていく事です。アラフォーの女性が婚活をする場合には、しっかりと現実を見つめるようにしておかなくてはなりません。それというのも、現実的にアラフォーの女性を結婚相手として見てくれる男性は少ないからです。子供を欲しがっている男性の場合は、若い女性を求める人が多くなっています。アラフォーでも子供を授かることが出来ますが、20代の女性に比べるとその可能性は低くなりますので、避けられてしまうのです。そこでアラフォー出会いを求めて婚活をするのであれば、バツイチの男性がたくさん登録している婚活サイトがおすすめになります。バツイチの男性であれば、すでに子供がいる人も多いですので、再婚をしてもさらに子供をのぞまないという人もいるからです。そういった男性であれば、アラフォーの女性でも結婚対象として見てくれる人が多いですので、おすすめになるのです。

ブランコを設置して大失敗

我が家には文鳥が2羽(白文鳥、桜文鳥)います。桜文鳥の鳥籠にはブランコを設置していますが、あまり遊んでいるところを見たことがありません。ブランコの乗るのではなく、ブランコを突いて揺らしていることが本人にとっての「遊び」らしいです。一方、白文鳥には最近まで豪華な梯子と鏡が付いたブランコを設置していましたが、白文鳥はメスで、鏡に映っている自分自身を見て発情して卵を大量に生んだため、そのブランコを撤去しました。ブランコを撤去すると急に鳥籠の中が寂しくなったため、白文鳥のために先日、桜文鳥のブランコと同じ形の新しいブランコを購入しました。店頭にはピンクとグリーンしかなかったので、私の好みでピンクを選びました。帰宅して早速白文鳥の鳥籠へブランコを設置して反応を確かめました。設置している時からバタバタと騒いでいましたが、設置し終えてもバタバタと騒いでいました。しばらく様子を観察していましたが、怖かったらしく、体を細くして、鳥籠の隅に固まっていたのでブランコを外すと、元のように元気に遊び始めました。ブランコがいけなかったのか、ブランコの色が怖かったのか理由は未だに不明ですが、本人がそれで満足しているならいいかなと思いました。

帳簿の作成

今日は午前中に窓ふきしてから散歩して昼ご飯を食べた後は確定申告対策をしていました。具体的には帳簿を作成です。領収書見ながら計算して帳簿を作成していました。日ごろからつけていればいいのですが、なかなかそうはいかずいつの間にか時間だけが過ぎていきました。なにせフリーランスは自分で確定申告書を作成して申告しなければならないのでこういう時間も必要になってきます。今年はノートPCを買ったから赤字かなと思っていたら、稼ぎのほうが上回っていたので何とかなったかなという感じでした。これが赤字だったらどうしようとも考えていたのですが、その心配はなさそうです。年が明けたらすぐに確定申告の時期が始まるから税金対策はどうなるのやら。更にマイナンバーの記入も必要だし。とにかくお金かけずに税金対策を考えなければいけませんですね。税理士さんに依頼しようかと思っていてもそこまでの稼ぎが無いから依頼もできないし、専用ソフトとなると高いし無料でも使いずら買ったりするし難しいですね。なので結局エクセルで作る程度です。

重い女=束縛する女

重い女は苦手だ。重い女と言われても重いには色々な種類はあるし、どんな女性が重いかは男性それぞれの価値観によって違うもの。ただどの男性にとっても重い女性は苦手なのは確かだろう。例えば、スケジュールをすべて把握しようとする女性がいる。いくらカップルといえど他人であることは確かだ。いちいち自分の一日の時間をすべて伝える必要があるのだろうか。ただそれに文句を言うと決まって言ってくるのが、私のスケジュールも伝えてるんだからいいじゃんという回答。相手の方からも自分のスケジュールを伝えてくるのが特徴である。別に知りたくもないし知っても特に得もないのに伝えてくるのである。また会いたい・寂しいとわがままを言ってくる女性も重い。夜中遅くで疲れているのにも関わらず会いたい・寂しい、今から会えない?今から電話で話せないとメールをしてくる。はじめの内は可愛いなと思っていても、これが長く続いてしまうと重いし、終いにはもう寝てしまったと嘘をつくこともしばしば。メール返信を返さないと急かしてきたり、後日返信しないことにくよくよとしつこく言う女性も重い。こうして見ると重い女性の特徴として束縛というキーワードが浮かび上がる。男女関係なく、束縛することは自分にとって重いと感じるもんだし、束縛は付き合いが短く終わってしまう原因でもあるから気をつけたい。